ホットロッドカスタムショー2021…シュアショットが連覇、ハーレーは最後のスポーツスター、来場1万人超え

2年ぶり開催、来場者1万1000人

シュアショットが2回連続ベストの快挙!

ハーレーは最後のスポスタを初披露!

インディアンがカスタムファンへ猛アピール

栄えあるベスト・オブ・モーターサイクルに輝いたシュアショットの『DST』。
  • 栄えあるベスト・オブ・モーターサイクルに輝いたシュアショットの『DST』。
  • 栄えあるベスト・オブ・モーターサイクルに輝いたシュアショットの『DST』。
  • 前回ベストバイクに選ばれたシュアショットのK2。
  • ハーレーダビッドソンは最後の空冷スポーツスターとなる『フォーティーエイトファイナルエディション』を初公開。
  • ライドインショーにてハーレーダビッドソンジャパンの野田一夫代表取締役が自ら乗り込み、披露した。
  • ハーレーダビッドソンは最後の空冷スポーツスターとなる『フォーティーエイトファイナルエディション』を初公開。
  • ハーレーダビッドソンは最後の空冷スポーツスターとなる『フォーティーエイトファイナルエディション』を初公開。
  • 1957年式の初代『XLスポーツスター』。

◆シュアショットが2回連続ベストの快挙!

栄えあるベスト・オブ・モーターサイクルに輝いたシュアショットの『DST』。栄えあるベスト・オブ・モーターサイクルに輝いたシュアショットの『DST』。

カスタムの祭典「YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW」(ヨコハマ・ホットロッド・カスタムショー。12月5日、パシフィコ横浜)が2年ぶりに開催され、1万1000人の来場者を集めた。

展示されたバイクは500台、クルマ200台。栄えあるベスト・オブ・モーターサイクルに輝いたのは、SURESHOT/シュアショット(千葉県八街市)の『DST』。シュアショットは前回覇者で、2回連続で頂点に立つ快挙を成し遂げた。

『DST』は1997年のFXDダイナモデルをベースに、FXSTソフテイルのようなリジッドフレームのシルエットを見事に再現。コーナリングでもアグレッシブにスポーツライディングできるリヤサスペンションを備えたチョッパーカスタムとしている。片持ち式スイングアームで右側のサブフレームを脱着式にするなど細部まで見どころ満載だが、モノサスを跨ぐように配置されるフューエルタンクはアルミのシートメタルからフルスクラッチ。マットキャンディオレンジで仕上げられた。

◆最後のスポスタを初披露!

ハーレーダビッドソンは最後の空冷スポーツスターとなる『フォーティーエイトファイナルエディション』を初公開。ハーレーダビッドソンは最後の空冷スポーツスターとなる『フォーティーエイトファイナルエディション』を初公開。

海外メーカーも出展し、ハーレーダビッドソンは最後の空冷スポーツスターとなる『フォーティーエイトファイナルエディション』を初公開。ライドインショーにてハーレーダビッドソンジャパンの野田一夫代表取締役が自ら乗り込み、披露した。日本限定1300台で、全国110余りの正規ディーラーからは即日完売となった報告が相次ぐほどの大反響となっている。

ライドインショーでは水冷エンジンを積む話題の新型『スポーツスターS』や1957年式の初代『XLスポーツスター』も同時に入場。スポーツスターの系譜を感じさせる演出、展示内容であった。

BMWモトラッドジャパンは、主催するMOONEYESとのコラボレーションを実現した『R18クラシック』を展示。BMWモトラッドジャパンは、主催するMOONEYESとのコラボレーションを実現した『R18クラシック』を展示。

BMWモトラッドジャパンは、主催するMOONEYESとのコラボレーションを実現した『R18クラシック』を展示。日本のピンストライパーの第一人者であり、パイオニアといえる存在の“WILD MAN(ワイルドマン)”石井氏によってデザインされ、MOONEYESの象徴的パーツといえる“ムーンディスク”や“バレル型タンク”を彷彿とさせるシルバーのヘアラインを採用。世界で一台だけの特別車両となった。

排気量1801ccの空冷OHVビッグボクサーツインを積む『R18B』やブラック&イエローのヒストリックカラーを身にまとう『R nineT アーバンG/S 40周年エディション』もブースに置き、カスタムバイクファンらにアピールした。

◆インディアンもカスタムファンへ猛アピール

水冷Vツインエンジンを搭載する『チャレンジャー・ダークホース』。水冷Vツインエンジンを搭載する『チャレンジャー・ダークホース』。

インディアンモーターサイクルは1768ccの水冷Vツインエンジンを搭載する『チャレンジャー・ダークホース』をディスプレイ。挟角60度のV型2気筒SOHC4バルブは最高出力122hp、最大トルク178Nmを発揮し、バガーマシンによって競われ、米国で人気沸騰中の「キング・オブ・バガース」では、2020年の開催初年度に圧倒的速さを見せつけシリーズタイトルを獲得している。

空冷サンダーストローク116エンジンを心臓部に持つ『チーフ・ダークホース』や、ボバースタイルの『スカウト ボバー トゥエンティ』、さらにトレリスフレームに1203ccVツインエンジンを積む『FTRラリー』のカスタム車もディスプレイ。存在感をアピールした。

また、モータリスト合同会社はイタリアのファンティックを持ち込んだ。1969年創業で伝統的にオフロードモデルを得意とするが、主力モデルが「キャバレロ」シリーズ。ストロークの長いサスペンションやオフロードタイヤを備える『Rally 500』はハードなオフロード走行にも対応する。

《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース