トヨタ、西欧新車販売のEV比率を50%に…2030年目標

トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタモーターヨーロッパは12月2日、2030年までに西欧の新車販売におけるEVの比率を50%にする目標を発表した。

この目標達成の原動力に位置付けるのが、新型EVの『bZ4X』だ。同車は、トヨタの「bZ」シリーズ第一弾のEVで、パートナーのスバルと共同開発されたSUVタイプのEVとなる。

bZ4Xには、トヨタとスバルが共同開発した「e-TNGA」EV専用プラットフォームを採用している。電動化を得意とするトヨタ、優れたAWD技術を持つスバルが、互いの強みを持ち寄り、快適かつ楽しめる走りを実現するEVを目指しているという。

bZ4Xは、EV専用プラットフォームによるショートオーバーハング、ロングホイールベース化により、特徴的なスタイリングと、Dセグメントのセダン並みの室内空間を追求している。

トヨタモーターヨーロッパは2030年以降、さらにEVに対する需要が伸びると予想する。トヨタは2035年までに、西欧で販売するすべての新車のCO2を100%削減する準備ができているという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース