ホンダ純正リア席モニター、広視野角のIPSパネル採用

リア席モニター(12.8インチ)
  • リア席モニター(12.8インチ)
  • リア席モニター(10.1インチ)
  • リア席モニター(10.1インチ)
  • リア席モニター(10.1インチ)
  • リア席モニター(12.8インチ)
  • リア席モニター(12.8インチ)
  • リモコン

ホンダアクセスは、純正ナビゲーションシステム「ギャザズ」のオプションアイテム「リア席モニター」をリニューアルして、12月3日より全国のホンダカーズにて発売する。

今回リニューアルしたリア席モニターは、12.8インチ(フルHD)と10.1インチ(HD)の2種類。IPSパネルを採用することで、上下左右の視野角が広くなり、正面だけでなく斜めから見ても色の変化がほとんどなく高精細な映像を楽しめる。また、ナビとの接続をHDMIデジタル接続とすることで、テレビやDVDの操作、音量調節、オーディオソースの切り替えが車室内2列目シートや3列目シートからでも付属のリモコンで可能となっている。

リア席モニターは、ギャザズナビで再生可能なSDカードやUSBメモリーデバイスの映像の再生だけでなく、ナビに接続したHDMI機器の映像も楽しむことができ、より快適なロングドライブをサポートする。

価格は12.8インチ(VM-221TY)が9万5700円。適用車種はオデッセイ、ステップワゴン、フリード、N-BOX、適用ナビはVXU-227DYi、VXU-227SWi、VXU-227NBi、VXM-227VFNi。10.1インチ(VM-221T)は7万1500円。適用車種はステップワゴン、フリード、N-BOX、適用ナビはVXU-227SWi、VXU-227NBi、VXM-227VFNi。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース