【SUPER GT 第7戦】ARTA NSX-GTが2連勝…GT300クラスはHitotsuyama Audi R8 LMSが今季初優勝

GT500クラス優勝の#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)
  • GT500クラス優勝の#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)
  • GT500クラス表彰式
  • GT500クラス2位の#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)
  • GT500クラス3位の#12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)
  • GT500クラススタートシーン
  • GT300クラス表彰式
  • GT300クラス優勝の#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)
  • ピット戦略でトップに立った#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)

栃木県・ツインリンクもてぎで7日、SUPER GT第7戦の決勝レースが行われ、GT500クラスは#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が第6戦オートポリスに引き続き2連勝。GT300クラスは#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)が今季初優勝を飾った。

SUPER GT 2021年シーズンも残り2戦となった第7戦もてぎ。GT500クラスは#1 STANLEY NSX-GTの山本尚貴がタイトル獲得の可能性を持って今大会を迎えた。ポールポジションは#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)。すでにタイトル争いからは脱落しているものの、少しでも上の順位を狙う#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/佐々木大樹)が2番手スタート。トップと25ポイント差ながらも、逆転タイトルを狙う#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が3番手スタート。#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)は10番手と、今大会でタイトルを決めるには厳しい位置からのスタートとなった。

決勝レースは63周。#19 WedsSport ADVAN GR Supra国本雄資はスタートを決めてトップで1コーナーに侵入したが、2位以下は大シャッフルとなった。まず#8 ARTA NSX-GT福住仁嶺が2位に浮上。4番手スタートの#12 カルソニック IMPUL GT-R松下信治も#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R佐々木大樹を抜いて3位に上がってきた。松下はさらに福住にも襲いかかりオーバーテイクに成功。1周で2台抜いて2位まで浮上してきた。

国本と松下は後続を引き離しながらトップ争いを繰り広げていたが、17周を過ぎた辺りから国本のペースが落ち始め、21周目、ついに松下がトップに浮上。この時点で3位福住も前との差を詰めており、優勝争いは三つ巴の展開になった。

22周目からドライバー交代が始まり、30周目に全車完了。#12 カルソニック IMPUL GT-Rはドライバーを平峰一貴に交代しトップでコースに復帰していた。2位争いは野尻智紀に交代した#8 ARTA NSX-GTに軍配が上がり、宮田莉朋に交代した#19 WedsSport ADVAN GR Supraは3位に。トップとの差が約4秒あった野尻は逆転を狙い平峰との差を徐々に詰め始め、49週目にその差は1秒を切ってきた。

残り6周。58周目に野尻は一気にオーバーテイクを仕掛けるも2台は軽く接触。抜くには至らず勝負は仕切り直しとなった。そのまま2台はファイナルラップに突入し、これで勝負は決まったかと思われたが、なんとトップ#12 カルソニック IMPUL GT-R平峰がスローダウン。ガス欠だ。野尻は難なくトップに浮上しそのままチェッカー。#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が第6戦オートポリスに引き続き2連勝を飾った。

2位はラスト100mで平峰を抜いた#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)。#12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)はなんとかチェッカーを受け3位表彰台を獲得した。

これで#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)は20ポイントを獲得して合計55ポイントに。ランキングトップの#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)は12位でポイントを稼ぐことができず、山本が60ポイント、開幕戦を欠場した牧野が57ポイントで、野尻と福住はトップまで5ポイント差で最終戦に挑むことになった。

GT300クラスはスタートで#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がトップに浮上。ポールポジションからスタートした#18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/名取鉄平)は2位に転落し、その後トラブルでリタイヤとなった。これで2位となった#55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)は14周目にトップに浮上。しかし全車のドライバー交代が終わると、ピットストップでうまくタイムを稼ぎ出した#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)がトップに浮上していた。#55 ARTA NSX GT3は逆転を狙うがその差は縮まらず、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)が2020年第6戦鈴鹿以来、篠塚にとっては自身初となる優勝を飾った。

次戦は両クラスともチャンピオン決定戦となる最終戦。SUPER GT 第8戦富士は11月27日・28日の日程で開催される。

■SUPER GT第7戦もてぎ、GT500クラス決勝レース結果

1. #8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)
2. #19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)
3. #12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)
4. #17 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)
5. #16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京/大湯都史樹)
6. #14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)
7. #24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/佐々木大樹)
8. #36 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)
9. #38 ZENT CERUMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)
10. #37 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/サッシャ・フェネストラズ)

■SUPER GT第7戦もてぎ、GT300クラス決勝レース結果

1. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)
2. #55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)
3. #56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)
4. #88 JLOC ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)
5. #25 HOPPY Porsche(松井孝允/佐藤公哉)
6. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
7. #244 たかのこの湯 GR Supra GT(三宅淳詞/堤優威)
8. #11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)
9. #52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)
10. #10 GAINER TANAX with IMPUL GT-R(星野一樹/石川京侍)

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース