米トヨタ、新世代2.4ターボ生産へ…レクサス NX 新型に初搭載

レクサス NX 新型(北米仕様)
  • レクサス NX 新型(北米仕様)
  • トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー(TMMK)
  • トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー(TMMK)

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は10月29日、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー(TMMK)に4億6100万ドルを投資し、新世代の2.4リットルターボエンジンを生産すると発表した。

TMMKは1986年、北米初のトヨタ単独での車両工場として設立された。現在は『RAV4』や『カムリ』など組み立てているほか、直列4気筒とV型6気筒のガソリンエンジンも生産している。

今回の4億6100万ドルの投資によって、TMMKは新しい製造ラインを設け、新世代の2.4リットルターボエンジンの生産に備える。これにより、北米で現地生産される車両のラインナップを拡大し、北米市場の変化に迅速に対応するために、TMMKの生産の柔軟性をさらに高めることが可能になるという。

新世代の2.4リットルターボエンジンは、レクサス『NX』新型に初搭載された。直噴2.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは北米仕様の場合、最大出力275hp/6000rpm、最大トルク43.8kgm/1700~3600rpmを発生する。

なお、北米市場向けの新型NXは、2022年初頭から、カナダのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダ(TMMC)で生産を開始する予定だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース