さよなら足湯新幹線…山形新幹線のE3系『とれいゆ』が引退 2022年3月

2022年3月に引退する山形新幹線の観光列車『とれいゆ』。その名は、列車を意味する英語の「トレイン」に、太陽を意味する仏語の「ソレイユ」を掛け合わせたもの。
  • 2022年3月に引退する山形新幹線の観光列車『とれいゆ』。その名は、列車を意味する英語の「トレイン」に、太陽を意味する仏語の「ソレイユ」を掛け合わせたもの。
  • お座敷指定席
  • 16号車に設置されている『とれいゆ』の足湯。
  • 16号車に設置されている『とれいゆ』の足湯。
  • 15号車のバーカウンター
  • 山形新幹線の観光列車『とれいゆ』
  • 山形新幹線の観光列車『とれいゆ』

JR東日本仙台支社は10月19日、山形新幹線のE3系700番台『とれいゆ』を2022年3月で運用終了すると発表した。

『とれいゆ』は秋田新幹線用だったE3系0番台R18編成を改造したJR東日本の「のってたのしい列車」で、2014年7月から『とれいゆ つばさ』として運行を開始。6両編成の山形・新庄方先頭車(16号車)のE322-701には新幹線車両としては初めて足湯が設けられたことで話題となり、2019年4月には車内設備やサービスがリニューアルされていた。

現在は土休日を中心に山形新幹線福島~新庄間で運行されているが、今後は引退にちなみ、11月23日に予定されている「特別企画『特急つばさ60周年号』秋田~上野 約567kmの真実」などのツアーが行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース