中部国際空港で自動運転バスの実証実験へ…複数を一元的にリモート管理

自動運転システムを搭載した小型バス
  • 自動運転システムを搭載した小型バス
  • 自動運転システムを搭載した小型バス
  • AI顔認証ソフトウェアを活用した非接触での試乗者データ管理のイメージ
  • 中部国際空港

愛知県は10月18日、中部国際空港島(常滑市)で「公道と空港制限エリアの同時運行・管理」をテーマに、空港利用者と空港島勤務者の移動手段を想定した自動運転の実証実験を実施すると発表した。

今回、全国でも先進的な取り組みとなる「複数台のバス型車両の一元的な遠隔監視」のもと、中部国際空港内の制限区域と空港島内の総合物流地区それぞれを周回するルートで2台の小型自動運転バス車両を同時に運行する。

空港内制限区域では、一部区間で運転席無人の運行を実施する。実証実験では5GやAIなどの先端技術を採用することで、自動運転車両の運行の省人化と安全の両立を目指す。

実証実験は10月29日と11月1日から11月3日まで実施する。

使用する車両は、小型バス日野『ポンチョ』をベースに、先進モビリティが開発した自動運転システムを搭載する。空港内の制限区域、空港島総合物流地区それぞれを周回するルートで、2台の小型バス車両を同時運行することに加え、走行ルート上や車両内に設置した複数のカメラを5Gで映像を伝送し、複数車両の運行状況を遠隔管制室で一元的に監視する。

自動運転バス車両では、立ち乗りの乗客も想定されることから、実証で運行する自動運転車両では立席も運用し、安全性を評価する。自動運転車両の試乗受付と車両乗車時、サーモカメラ付きの5G対応スマートフォンを用いた非接触で体温を測定する。AI顔認証ソフトウェア「セイファー」を活用することで、受付と車両乗車口に設置したカメラの映像から乗車人数をカウントして混雑状況を把握する。乗客の年齢・性別などの試乗者属性推定やリピータ分析も実証する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース