日本製鉄がトヨタの電動車生産・販売中止の仮処分申し立て…特許権侵害で提訴

日本製鉄は10月14日、トヨタ自動車と中国の鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄に対して、損害賠償を求めてそれぞれを東京地方裁判所に提訴した。

日本製鉄によると、トヨタ自動車と宝山鋼鉄は無方向性電磁鋼板に関して日本製鉄の特許権を侵害したという。日本製鉄が同日発表した。また、トヨタに対して電動車の製造販売の差し止めを求める差止仮処分を申し立てた。

世界でもトップクラスの鉄鋼メーカーである日本製鉄にとってトヨタは最大級の大口顧客だが、今回そのトヨタを相手どって提訴した。

日本製鉄が特許権を侵害されたと主張している無方向性電磁鋼板は、電動車両のモーターに採用される材料で、製造するには高度な技術が必要。

日本製鉄は宝鋼に対して約200億円、トヨタに対しても約200億円の損害賠償を求めている。同時にトヨタに対して、日本製鉄の特許を侵害している無方向性電磁鋼板を使用したモーターを搭載した、電動車の製造・販売の禁止を求めている。

日本製鉄は特許侵害に関して宝鋼、トヨタと協議してきたものの、物別れに終わったことから法的措置に踏み切ったとしている。

このことに関してトヨタ自動車は10月14日、「本来、材料メーカー同士で協議すべき事案で、訴えられたことについては大変遺憾」とのコメント……

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース