トヨタ センチュリー 新型、総理大臣専用車を1/43スケールで再現

ヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI'S」の新製品として、トヨタ『センチュリー(UWG60)』の「2020 日本国内閣総理大臣専用車」ダイキャスト製1/43スケールモデルを発売。予約受付を10月6日より開始した。

RAI'Sは警察車両をメインとする同社オリジナルブランド。各県や車両ごとに違う県警文字の書体から、コールサイン、車体内部のナビ画面や無線機といった装備の細部に至るまでモデルカーでできる限り再現する。

センチュリーは歴代の総理大臣専用車として採用されてきた。2018年に21年ぶりにフルモデルチェンジしたこの3代目も2020年に総理大臣専用車として配備。総理大臣専用車は車体の前後に青色灯が付くが、今回の車両でも前はフロントグリルの中、そしてリアはバンパーに埋め込まれる形で装備されている。窓は防弾処理が施され、リア部分にはカーテンが付く。現在メインで運用されている最新の総理大臣専用車になる。

新製品は1度限りの限定生産(1300台)。価格は7480円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース