新京成の駅に「タクシー呼び出し専用電話」、受話器を上げると迎車手配

新京成電鉄は、新京成線元山駅(千葉県松戸市)に「タクシー呼び出し専用電話」を設置し、9月10日から運用を開始した。

新京成線元山駅にはロータリー(タクシー待機場)がないことから、これまでは、駅近くの乗車希望場所に利用客が移動後、自身の携帯電話などでタクシー会社に連絡し、名前や場所などを伝えてタクシーを呼び出す必要があった。

今回、設置したタクシー呼び出し専用電話は、受話器を上げ、名前を伝えるだけで、迎車の手配が可能。あらかじめ指定した場所に、付近を走る最も近い京成グループタクシーが駆けつけてくれるため、タクシー呼び出しの手間や、タクシー待ちの時間短縮につながる。

タクシー呼び出し専用電話は新京成線元山駅改札外、セブン-イレブン ATMコーナー左脇に設置。一目でタクシー呼び出し電話と分かるようにタクシーの屋根と同じ行燈を取り付けている。なお、新京成線の駅にタクシー呼び出し専用電話を設置するのは今回が初めて。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース