交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン

日本損害保険協会は9月15日、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表。2020年に人身事故が最も多く発生した交差点は「法円坂」(大阪市中央区)および「針摺」(福岡県筑紫野市)だった。

全国交通事故多発交差点マップは、人身事故の半数以上が発生する交差点・交差点付近での交通事故の防止・軽減を目的として、全国の地方新聞社の協力を得て2020年の各都道府県のデータをもとに作成したもの。今年度は、交差点情報のレイアウト変更や掲載地図の拡大などにより、閲覧性の向上を図った。

2008年度から公表している本マップでは、都道府県ごとに、交差点の特徴や事故類型の主な要因・予防策等を紹介。事故多発交差点の情報は、地図メーカーのカーナビデータにも採用され、ドライバーへの直接的な注意喚起にも活用されている。

2020年人身事故発生交差点 全国ワースト10

1位:法円坂交差点(大阪市中央区)22件
1位:針摺交差点(福岡県筑紫野市)22件
3位:梅新東交差点(大阪市北区)18件
4位:讃良川交差点(大阪府寝屋川市)16件
4位:西本町交差点(大阪市西区)16件
6位:谷町9丁目交差点(大阪市中央区/天王寺区)15件
6位:樋之口町交差点(大阪市北区)15件
6位:六本松交差点(福岡市中央区)15件
9位:七宮交差点(神戸市兵庫区)14件
10位:大原交差点(東京都世田谷区)13件
10位:上天神西交差点(香川県高松市)13件

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース