フォードが利益見通しを上方修正、EVなど新車需要好調で…2021年第2四半期決算

フォードモーター(Ford Motor)は6月17日、2021年第2四半期(4~6月)の調整後利益の見通しを上方修正すると発表した。

業績見通しを上方修正した要因は、EVを含めた新車に対する需要が旺盛なため。フルサイズSUVの『ブロンコ』、『F-150ライトニング』ピックアップトラック、『マーベリック』コンパクトピックアップトラック、商用EVバンの『E-トランジット』の4台の新車に対する顧客の予約が増えているという。

例えば、24年ぶりに復活を果たした新型フォードブロンコの予約が19万台に到達。そのうち、12万5000台は、すでに正式オーダーとなった。EVピックアップトラックのフォードF-150ライトニングは、10万台、コンパクトピックアップトラックのマーベリックは、世界に導入されてから1週間で3万6000台、商用EVバンのE-トランジットは2万台の予約を得ている。

なお、フォードモーターは7月28日、2021年第2四半期の業績を発表する予定、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース