フォードCEO、7モーター1400馬力のマスタングEVに試乗…「テスラとの対決もいいね」

フォードモーター(Ford Motor)のジム・ファーリーCEOは6月12日、フォードのEV、『マスタングマッハE』のレーシングプロトタイプ、「マスタングマッハE 1400」(Ford Mustang Mach E 1400)に試乗した、と発表した。

ファーリーCEOは2020年10月、フォードモーターのトップにCOO(最高執行責任者)から昇格する形で就任した。かつて米国トヨタ販売で、副社長を務めた経歴も持つ人物だ。

そのファーリーCEOがマスタングマッハEのレーシングプロトタイプ、マスタングマッハE 1400に試乗した。同車は、「フォードパフォーマンス」とRTRビークルズが共同で開発した。フロント3、リア4の合計7モーターを搭載し、1400hpのパワーを引き出す。

駆動方式は、後輪駆動、全輪駆動、前輪駆動に切り替えることが可能。バッテリーはニッケルマンガンコバルトで、蓄電容量は56.8kWh。ブレンボ製ブレーキと、ドリフト用の油圧ハンドブレーキシステムを装備する。

試乗を終えたファーリーCEOは、「マスタングマッハE 1400は完璧なマシン」とコメント。このツイートを見たファンからの「テスラ・モデルSのプラッドと、ドラッグレースで対決してみては?」の問いかけに、ファーリーCEOは「それもいいね」と返答している。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース