日産自動車の9車種、先進安全ブレーキ技術が「性能認定」を取得

日産自動車は4月9日、国土交通省の「先進安全技術の性能認定制度」にて、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」および「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載した9車種で、新たに認定を取得したと発表した。

先進安全技術の性能認定制度は、衝突被害軽減ブレーキ等の先進安全技術が一定の性能を有していることを国が確認し、その結果を公表する制度。

2020年度に認定の対象が拡充され、高齢運転者による交通事故防止対策をより強化すべく、乗用車に加え軽貨物車も対象となった。また、装置についても「衝突被害軽減ブレーキ」は前方車両に対応する機能だけでなく、前方の歩行者にも対応する機能が必要となった。さらに、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(前進時、後退時)」も追加。同制度は、自動車メーカー等の申請に応じ、それぞれの装置が一定の性能を有していることを国が審査、認定する。

日産は、2018年度より開始された「先進安全技術の性能認定制度(衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度)」にて、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を装備した延べ15車種で認定を獲得している。

また、2020年度に拡充された「先進安全技術の性能認定制度」では、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」および「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載した9車種25型式(日産『リーフ』、『ノート』、『マーチ』、『セレナ』、『デイズ』、『ルークス』、『NV100クリッパーリオ』、『NT100クリッパー』、『NV100クリッパー』)を新たに申請し、そのすべてにおいて認定を取得した。
踏み間違い衝突防止アシスト(マーチ)踏み間違い衝突防止アシスト(マーチ)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース