一般道路まで拡張した高精度3次元地図データ、2023年度導入へ ダイナミックマップ基盤

ダイナミックマップ基盤は4月7日、国内初となる、高速道路と自動車専用道路から一般道路へ整備路線を拡張した次世代の高精度3次元地図データ(HDマップ)を導入すると発表した。

ダイナミックマップ基盤は来たるべき、自動運転社会の実現に向けて、高速道路と自動車専用道路のHDマップを提供してきた。近年は自動走行に対応した車種が市場導入されるとともに、先進運転支援システムの高度化が進行しつつあり、同社は2023年頃よりHDマップを搭載した高度な先進運転支援システムの普及が本格化すると予測している。このような市場動向を受け、cm級の高精度や充実の収録データを維持しつつ、新たな価値と優れたコストパフォーマンスを備えた、次世代のHDマップを2023年度より導入する。

次世代のHDマップは、高速道路・自動車専用道路に加え、一般道路まで対応。国道を中心に各地域で重要とされ、先進運転支援システムおよび自動走行に有用とされる路線を同社独自のノウハウで選定し収録する。一般道路の対応路線は、2023年度に約8万kmに、2024年度には約13万kmに拡張していく計画だ。

また、現在、日本と北米向けで異なるHDマップのデータフォーマットを統一。地域(国)ごとに生じる車両のシステム開発や評価の負荷を軽減することで、開発期間の短縮や開発コストの削減など開発効率化へ貢献する。さらに小型車や軽自動車まで、あらゆる車両に高度な先進運転支援システムが搭載されるよう、大幅な低価格化を実現。データフォーマット統一による開発効率化とあいまって、コストパフォーマンスを飛躍的に向上させる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース