ダイムラー、実質利益が53%増 2020年通期決算

ダイムラー(Daimler)は2月18日、2020年通期(1~12月)の決算(確定値)を発表した。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は、1543億ユーロ(約19兆7070億円)。前年の1727億ユーロに対して、11%減とマイナスに転じた。

一方、2020年通期のEBIT(利払前・税引前利益)は、66億ユーロ(約8430億円)。前年の43億ユーロに対して、53%増加している。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中、大幅な増益となったのは、広範囲に渡ってコストを削減したことと、すべての部門において力強い業績を達成したことによるもの。また、前年は一部のディーゼルエンジン搭載車の排ガスに関連する費用として、40億ユーロを計上しており、今期はこれがなくなって、収益を押し上げた。

ダイムラーとメルセデスベンツ取締役会のオラ・ケレニウス会長は、「2020年の業績は費用対効果の大幅な改善を反映して、市場の予想を大幅に上回った。とくに下半期(7~12月)、大幅な利益率の改善を達成した」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース