Android版モバイルSuica、端末変更やモバイルPASMOとの使い分けが可能に 3月21日リニューアル

JR東日本は2月10日、モバイルSuicaを3月21日にリニューアルすると発表した。

今回はAndroid版のリニューアルが中心で、フェリカネットワークスが提供する「おサイフケータイアプリ」との連携により、同一端末でモバイルPASMOとの使い分けが可能となるほか、端末の変更も簡単に行なえるようになる。

このほか、iOS版と同様、複数枚のSuica発行や定期券購入時の経路表示改善、「タッチでGO!新幹線」の利用開始登録機能の追加、通知機能の充実も図られる。

これらの機能を利用するには、2月9日から提供されている最新バージョンへのアップデートが必要。

なお、リニューアルに際しては、3月20日11時頃から3月21日7時頃までモバイルSuicaのサービスが停止され、その間は、アプリからのチャージ、定期券・グリーン券の購入・払戻し、機種変更、再発行登録、退会、会員メニューサイトでの手続き、ビュー・エクスプレス特約の申込み、ネットショッピングでの支払い、Suicaポケットの受取りなどができない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース