スズキ レッツ、カラーリング変更…アドレスV50は価格改定

スズキ レッツ
  • スズキ レッツ
  • スズキ アドレスV50
  • スズキ アドレスV50
  • スズキ アドレスV50
  • スズキ アドレスV50
  • スズキ レッツ
  • スズキ レッツ
  • スズキ レッツ

スズキは、原付一種スクーター『レッツ』のカラーリング変更および、『アドレスV50』の価格を改定。レッツを2020年12月8日、アドレスV50を2021年1月8日より発売する。

両モデルは、SEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジンにより53.4km/リットル(WMTCモード)の低燃費を実現する。レッツは軽量で使い勝手に優れ、親しみやすい柔らかさと原付らしい軽快さを併せ持つデザインとすることで幅広いユーザーが愛用。アドレスV50はスポーティな外観とゆとりのある乗車ポジションが特徴だ。

今回、レッツは新色の「サンディベージュ」と、既存色「パーセクブルーNo.4」、「ブラヴォドブラック」、「ソリッドスペシャルホワイトNo.2」の全4色設定とした。価格は16万6100円。

アドレスV50は価格を17万8200円から18万2600円に引き上げた。諸元やカラーリングに変更はない。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース