車両安全対策による交通事故死者の削減、新たな目標を検討へ 国交省

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会技術安全ワーキンググループのメンバー

国土交通省は11月6日、交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会技術安全ワーキンググループを新設して、車両安全対策の交通事故死者数の新たな削減目標と対策の方向性について検討すると発表した。

政府は、1971年以降、5年ごとに「交通安全基本計画」を作成し、「人」、「道」、「車」の各側面から交通安全対策を総合的に推進している。交通安全基本計画策定に当たって、これまで国土交通省自動車局では「車」の側面からの具体的な目標や対策について、交通安全基本計画の議論を踏まえ検討してきた。

今回、交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会の下部組織として「技術安全ワーキンググループ」を設置し、審議する。

2020年度は、第10次交通安全基本計画の最終年で、第11 次交通安全基本計画の策定年であることを踏まえ、前回の2016年報告書で示された目標の達成状況の評価、第11次交通安全基本計画における重点分野に係る車両安全対策、事故実態、技術の進展及び社会環境の変化を踏まえた今後の車両安全対策について審議する。

車両安全対策による交通事故の死者数の新たな削減目標の設定や、目標達成に向けた今後の車両安全対策の方向性を示す予定。

1回目の会議を11月13日に開催する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース