【F1 ポルトガルGP】ハミルトンがシューマッハの持つ最多勝利数を抜く92勝目を記録

F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP
  • F1ポルトガルGP

ポルトガル・アルガルベサーキットで25日、F1第12戦ポルトガルGPの決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)がF1新記録となる92勝目を挙げた。

1996年以来24年ぶりのポルトガルGPは、2008年に新設された比較的新しいサーキット「アルガルベサーキット」で開催された。24日に行われた公式予選ではルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジション、2番手がバルテリ・ボッタス(メルセデス)でメルセデスのワンツー。以下マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)と続いた。

25日の決勝レースは66周。まずはスタートでフェルスタッペンがボッタスをとらえ2位に浮上したが、直後にボッタスが順位を取り戻し、フェルスタッペンは逆に後ろから迫ってきたペレスに並ばれた。ここで2台は接触。フェルスタッペンはそのまま走行できたが、ペレスはスピンして最後尾まで順位を落とした。

ここからスタートとほぼ同時に降り出した雨がレースをかき乱した。ボッタスはペースの上がらないハミルトンを抜いてトップに浮上。7番グリッドからスタートしたカルロス・サインツ(マクラーレン)がコーナーごとに順位を上げ、2周目にはボッタスをも抜いてトップに立った。雨の中ではマクラーレンが好調で、ランド・ノリス(マクラーレン)も8番グリッドから4位に上がってきた。後方では16番グリッドからスタートでひとつ順位を落としたキミ・ライコネン(アルファロメオ)が、2周目にはフェルスタッペンをも抜いて5位に浮上。まさに水を得た魚のような追い上げを見せた。

この雨はすぐにやみ、マクラーレンの快進撃もここまでだった。6周目にボッタスがサインツからトップを奪い返すとハミルトンもそれに続いて2位に。8周目にはフェルスタッペンもサインツを抜いて3位に上がってきた。メルセデスの2台は約2秒の差を保ちながらフェルスタッペンを引き離し、15周目には2位ハミルトンと3位フェルスタッペンの差は7秒まで広がっていた。ここからハミルトンはスパート。ファステストラップを刻みながらフェルスタッペンとの差を更に広げるとともに、トップを走るボッタスに急接近。そして迎えた20周目。ハミルトンはメインストレートで一気にボッタスを抜いてトップに浮上した。

ここからはハミルトンの独壇場。41周目にミディアムからハードにタイヤ交換を行い、その後もファステストラップを連発しながら後続を引き離し、最終的にボッタスに25秒もの差をつけて今季8勝目、そして通算92勝目を挙げ、ミハエル・シューマッハが持つ記録を抜いて新たなF1最多勝利記録保持者となった。

逆転チャンピオンを目指すボッタスは、今回はハミルトンの強さに太刀打ちできず2位。タイヤ交換直後はボッタスとの差を縮める速さをみせたが、追い付くには至らなかったフェルスタッペンが3位。復調の兆しが見えるフェラーリのルクレールが4位。終盤、何度も華麗なオーバーテイクシーンをみせたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が5位でフィニッシュした。

序盤トップを走ったサインツは6位。1周目に最後尾まで落ちたペレスはその後快進撃を続け7位。ハミルトン、シューマッハに続く歴代3位となる53勝の記録を持つセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は10位。ホンダ勢は2位のフェルスタッペン、5位のガスリーに続き、アルボンが12位、クビアトが19位でレースを終えた。

次戦、第13戦ロマーニャGPは14年ぶりの開催となるイタリア・イモラサーキットを舞台に、10月31日・11月1日の日程で開催される。

■ポルトガルGP 決勝レース結果
1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
4. シャルル・ルクレール(フェラーリ)
5. ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
6. カルロス・サインツ(マクラーレン)
7. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
8. エステバン・オコン(ルノー)
9. ダニエル・リカルド(ルノー)
10. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
11. キミ・ライコネン(アルファロメオ)
12. アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
13. ランド・ノリス(マクラーレン)
14. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
15. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
16. ケビン・マグヌッセン(ハース)
17. ロマン・グロージャン(ハース)
18. ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
19. ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
以上完走

--. ランス・ストロール(レーシングポイント)

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1 ポルトガルGP】荒れたフリー走行2回目のトップタイムはボッタス…フェルスタッペンが2番手 画像 【F1 ポルトガルGP】荒れたフリー走行2回目のトップタイムはボッタス…フェルスタッペンが2番手
  • 【SUPER GT 第6戦】最後尾スタートのMOTUL AUTECH GT-Rが大逆転勝利…GT300はHitotsuyama Audi R8 LMSが4年ぶりの優勝 画像 【SUPER GT 第6戦】最後尾スタートのMOTUL AUTECH GT-Rが大逆転勝利…GT300はHitotsuyama Audi R8 LMSが4年ぶりの優勝
  • 【竹岡圭の大きな夢を】特別編・ヘイキ・コバライネン選手「ラリーへの参戦は自分へのチャレンジ」 画像 【竹岡圭の大きな夢を】特別編・ヘイキ・コバライネン選手「ラリーへの参戦は自分へのチャレンジ」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース