「SL大樹『ふたら』」の一番列車に乗車、ツアーを募集 10月3日運行

男体山のシンボル「大剣」をデザインし、「日光に向けて坂を登るSLの力強さ」を表現したという「SL大樹『ふたら』」のヘッドマーク。
  • 男体山のシンボル「大剣」をデザインし、「日光に向けて坂を登るSLの力強さ」を表現したという「SL大樹『ふたら』」のヘッドマーク。
  • 東武鉄道 SL大樹「ふたら」運行区間。
  • SL大樹「ふたら」一番列車乗車ツアーの告知。

東武トップツアーズは10月3日、東武日光駅(栃木県日光市)へ乗り入れるSL列車として同日から運行を開始する「SL大樹『ふたら』」の乗車ツアーを実施する。同列車の一番列車に乗車できる。

「ふたら」は通常の『SL大樹』と同じ編成で運行され、往路の東武日光行きはC11形蒸気機関車207号機(C11 207)が、復路の下今市行きはディーゼル機関車が先頭となる。下今市~東武日光間の所要時間は17~23分程度で、今後は、月1回運行される予定。

ツアー当日の「ふたら」の時刻は、下今市11時28分発~東武日光11時51分着・12時33分発~下今市12時51分着で、その後、列車は、そのまま「ふたら」として、下今市13時発~鬼怒川温泉13時48分着の時刻で運行される。

このツアーはGoToトラベル事業の支援対象となっており、浅草・北千住・春日部各駅発着で170人を募集。往路は特急『スペーシアけごん13号』、復路は特急『スペーシアきぬ142号』に乗車する。旅行代金は大人1万4000円・子供8600円。申込みは東武トップツアーズのWEB販売センターまで。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース