マセラティ グラントゥーリズモ 次期型はEVに 2021年発表へ

マセラティ・グラントゥーリズモ 次期型のティザーイメージ
  • マセラティ・グラントゥーリズモ 次期型のティザーイメージ
  • 現行マセラティ・グラントゥーリズモの最終モデル「ゼダ」(参考画像)
  • 現行マセラティ・グラントゥーリズモの最終モデル「ゼダ」(参考画像)
  • 現行マセラティ・グラントゥーリズモの最終モデル「ゼダ」(参考画像)

マセラティ(Maserati)は9月10日、次期『グラントゥーリズモ』のティザーイメージを公開し、同車を2021年に初公開すると発表した。

グラントゥーリズモは2007年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2017で発表された。4人乗りの2ドアスポーツクーペは、ピニンファリーナが手がけたクラシックなデザインが特長だ。自然吸気のV型8気筒エンジンを搭載し、1947年のマセラティ『A6 1500』の現代的な解釈として、グラントゥーリズモは誕生した。

2009年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2009では、オープンバージョンの『グランカブリオ』を追加した。その後、グラントゥーリズモとグランカブリオは、数回アップデートを受けた。

グラントゥーリズモとグランカブリオには、フェラーリ製の4.7リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力は460ps/7000rpm、最大トルクは53kgm/4750rpmを獲得していた。2007年の発表以来、2万8805台のグラントゥーリズモ、1万1715台のグランカブリオ、合計4万台が全世界で販売されてきた。

2021年に発表される予定の次期グラントゥーリズモは、次期グランカブリオとともに、マセラティブランド初の100%EVになるモデルだ。イタリア・モデナで設計され、トリノ工場で生産を行う、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェのEV『タイカン』に2021年型…加速性能が向上、欧州発表 画像 ポルシェのEV『タイカン』に2021年型…加速性能が向上、欧州発表
  • ロータスのEVハイパーカー『エヴァイヤ』、最新エアロ技術を採用…2020年後半から生産[動画] 画像 ロータスのEVハイパーカー『エヴァイヤ』、最新エアロ技術を採用…2020年後半から生産[動画]
  • ピニンファリーナ創業90周年記念車、『バッティスタ・アニヴェルサーリオ』…限定5台で260万ユーロ 画像 ピニンファリーナ創業90周年記念車、『バッティスタ・アニヴェルサーリオ』…限定5台で260万ユーロ
  • サンワサプライ、ヘッドレスト取り付け車載プレーヤー発売 長時間の移動を有意義に 画像 サンワサプライ、ヘッドレスト取り付け車載プレーヤー発売 長時間の移動を有意義に

特集

おすすめのニュース