ドラレコ型保険に割引制度、三井住友海上が導入 業界初

三井住友海上火災保険は、専用ドライブレコーダー付き自動車保険「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」に、2022年1月より新たな割引制度を導入する。

新制度は「ドラレコ型」を3年間(36か月)継続した場合、4年目以降のドラレコ型の特約保険料を30%割り引くもの。割引制度導入によりドラレコ型への継続的な加入を支え、ドライブレコーダーの普及を後押しする。

ドラレコ型は、映像記録機能や安全運転支援アラート等のサービスを長期間利用してもらうことで、安全運転意識の向上や将来的な事故減少効果が期待されている。また、専用ドライブレコーダーを活用した高度な事故対応に加え、安全運転支援アラート等の保険会社特有のサービスが高い評価を受けている。こうした状況を踏まえ、より多くの人に同サービスを利用してもらうよう、業界で初めてドラレコ型に割引制度を導入する。

ドラレコ型を3年間(36か月)継続した場合、4年目以降の契約に対して、ドラレコ型の特約保険料を30%割り引く。割引の適用により、保険料総額で平均約4%の割引となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース