日本自動車初期品質、ホンダがブランドランキングで初の総合トップ 2020年JDパワー

ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • 2020年日本自動車初期品質調査 ブランド別ランキング
  • 2020年日本自動車初期品質調査 セグメント別ランキング

J.D.パワージャパンは8月19日、2020年日本自動車初期品質調査の結果を発表。ホンダがブランドランキングで初の総合トップとなった。

調査は新車購入後2~9か月経過したユーザーを対象とし、233項目にわたってユーザーの不具合経験を聴取した。調査項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッションの8カテゴリー。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。

調査結果によると、2020年の総合不具合指摘件数は業界平均で60PP100。現在の調査項目設計の初年である2014年の84PP100に比べ、6年間で24ポイント改善し、2019年調査(66PP100)より6ポイント改善した。

2014年以降、最も品質改善が進んだ分野は「エンジン/トランスミッション(6.6ポイント改善)」、次いで「内装(5.4ポイント改善)」。具体的な項目としては「AT/CVT‐変速中のもたつき/シフトタイミングが悪い」、「カップホルダー‐使いにくい」、「室内の不快なにおい」などでの不具合指摘件数の減少が目立つ。

一方、安全装備や先進技術関連では、不具合指摘件数が増加しているものも。2014年に比べ不具合指摘件数が最も増加したのは「車載Bluetoothでの携帯電話/デバイスのペアリング/接続不良」、次いで「車載音声認識システムが認識しない/誤った認識をすることがよくある」、「車線逸脱警告システム(レーンキープアシスト)‐スイッチ類/表示が分かりにくい/使いにくい又は場所がよくない」等。これらは新車における同種機能の装備率増加が不具合指摘件数増の要因となっている。

ブランド別では、ホンダが51PP100で初の総合トップ。2位は日産(53PP100)、3位はダイハツ(56PP100)となっている。

車両セグメント別モデルランキングは、軽自動車がダイハツ『ムーヴ キャンバス』が1位、2位はホンダ『N-BOX』、3位はダイハツ『ミライース』だった。コンパクトは1位がホンダ『フィット』、2位はスズキ『ソリオ』、3位はトヨタ『パッソ』。ミッドサイズはスバル『XV』が1位、2位はホンダ『シャトル』、3位はトヨタ『プリウス』。ミニバンはトヨタ『ノア』が1位、日産『セレナ』が2位、3位はトヨタ『ヴォクシー』だった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース