VWがEVの充電テスト施設、気温50度で作動を確認…地球上で最も過酷な条件を再現

VWグループが米国アリゾナ州に開設したEVの充電テスト施設
  • VWグループが米国アリゾナ州に開設したEVの充電テスト施設
  • VWグループが米国アリゾナ州に開設したEVの充電テスト施設

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は7月15日、米国アリゾナ州にEVの充電テスト施設を開設した、と発表した。

この充電テスト施設は、1993年にオープンしたアリゾナプルービンググラウンドにある。ここでは、フォルクスワーゲングループのアウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、フォルクスワーゲンブランドの各車が、腐食や風化、高温化での厳しい耐久性テストを実施している。

充電テスト施設には、50の充電ステーションが設置された。世界の各市場に対応した電力レベルが導入されており、気温50度近くに達する砂漠地帯において、充電が正常に行えるかどうかテストする。

充電テスト施設には、ポルシェ『タイカン』などのEVスポーツカー向けの出力50 kWから350 kWまでの25基のDC急速充電器と、家庭での充電を想定した10基のレベル2のAC充電器などが用意されている。システムは、米国、ヨーロッパ、中国の3つの標準コネクタタイプの充電プラグと、世界中のさまざまなブランドの機器を使用して、テストを行う。

16か所の駐車場には、テストに必要な日照や日陰のレベルを変えることができるリモート制御のキャノピーが採用された。将来の誘導充電などの技術への対応も、念頭に置いて設計されている。

フォルクスワーゲングループは2029年までに、世界中で約2000万台の電動車を生産するという目標を掲げている。同社は、地球上で最も過酷な条件のいくつかを米国で再現し、EVの充電をテストする、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日本もハイパワー急速充電器の時代に…CHAdeMO3.0/ChaoJi規格の共同発表の意義 画像 日本もハイパワー急速充電器の時代に…CHAdeMO3.0/ChaoJi規格の共同発表の意義
  • ポルシェ タイカン を急速充電、東京有明に90kW×2基---高出力充電網を展開へ 画像 ポルシェ タイカン を急速充電、東京有明に90kW×2基---高出力充電網を展開へ
  • FCAの急速充電の新プロジェクト、最初の拠点をイタリアに開設…フィアット 500 新型などが充電可能 画像 FCAの急速充電の新プロジェクト、最初の拠点をイタリアに開設…フィアット 500 新型などが充電可能
  • ボルボカーズ、スマホでEV充電の新サービス… XC40 発売に合わせ、年内に欧州で開始 画像 ボルボカーズ、スマホでEV充電の新サービス… XC40 発売に合わせ、年内に欧州で開始

特集

おすすめのニュース