車検の有効期間延長、熊本県玉名市など地域を追加 令和2年7月豪雨

車検証(イメージ)
  • 車検証(イメージ)

国土交通省は7月14日、豪雨の被災に伴って自動車検査の有効期間を延長する地域を拡大すると発表した。

令和2年7月豪雨災害による被害に伴って熊本県や鹿児島県、福岡県、大分県、長野県、岐阜県の一部地域で、車検証の有効期間を8月4日まで延長している。

今回、新たに使用の本拠が熊本県の荒尾市、玉名市、山鹿市、菊池市、玉東町、南関町、長洲町、和水町、南小国町、小国町で、車検証の有効期間が2020年7月6日から8月3日までの車両の車検証の有効期間を延期する。

継続検査を受検するまでに自賠責保険(共済)の期限が到来する契約については、継続契約の締結手続きについて8月4日を限度として猶予される。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 飛騨自動車検査登録事務所での登録・検査業務を再開---令和2年7月豪雨 画像 飛騨自動車検査登録事務所での登録・検査業務を再開---令和2年7月豪雨
  • 令和2年7月豪雨被害で車検証の有効期間を延長 岐阜県と大分県の一部を追加 画像 令和2年7月豪雨被害で車検証の有効期間を延長 岐阜県と大分県の一部を追加
  • 車検証の電子化、2023年1月導入を想定 国交省が報告書をとりまとめ 画像 車検証の電子化、2023年1月導入を想定 国交省が報告書をとりまとめ
  • Go To トラベル、開始前から立ち往生---コロナ不安で[新聞ウォッチ] 画像 Go To トラベル、開始前から立ち往生---コロナ不安で[新聞ウォッチ]

特集

おすすめのニュース