ポルシェ マカン 次期型にEV、生産開始に準備…ドイツ・ライプツィヒ工場

ポルシェは7月6日、次期『マカン』(Porsche Macan)に設定されるEVの生産開始に向けて、ドイツ・ライプツィヒ工場で準備を進めていると発表した。

ライプツィヒ工場は2002年に稼働した。当初はSUVの『カイエン』を生産し、2009年からは『パナメーラ』、2011年からはマカンの生産も開始された。現在は、ベントレーの車体も生産している。

ポルシェは 次期マカンに設定されるEVの生産開始に向けて、ドイツ・ライプツィヒ工場で準備を進めている。ポルシェはライプツィヒ工場に6億ユーロ以上を投資。ポルシェは電動化に対応するために、ライプツィヒ工場を拡張している。

すでに、新しいボディショップが完成しており、次の段階として、建物内にさまざまな機械を設置していく。組立ラインは大幅に改修される。この改修が完了すると、次期マカンのガソリンエンジン搭載車、ハイブリッド、EVの3種類の異なるパワートレイン車が、同一ラインで生産することが可能になる。

また、ライプツィヒ工場のカスタマーセンターには2月、「ポルシェターボチャージング」と呼ばれる急速充電器が設置された。これは、ヨーロッパで最も強力な急速充電器で、再生可能エネルギーからの電力のみで稼働している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース