タミヤ、「フォード・マスタング GT4」1/24スケール組立キット発売へ

1/24 フォード マスタング GT4
  • 1/24 フォード マスタング GT4
  • ロー&ワイドのグラマラスなフォルムを実感たっぷりにモデル化
  • ボンネットのエアベント、サイドのエアアウトレット部、ボンネットファスナーなど、塗り分けが必要な箇所は全て別パーツ化
  • リヤウイング表面はカーボン模様のスライドマークを用意。マフラーエンドやライトケースにはメッキパーツを使用
  • 排気管やサスペンション、ディフューザーなど車体下面も立体感ある仕上がり
  • スリットが入ったブレーキディスクや大型ブレーキキャリパー、スリックタイヤが足もとを引き締める
  • ロールケージやフルバケットシート、消火器などを備えたレース仕様の室内
  • 2017年にイギリスのグッドウッドフェスティバルに姿を現したグレイカラーの#17と、2018年に発表されたホワイトカラーのオフィシャルカー#18の2種類のカラーリングが選択可能

タミヤは、1/24 スポーツカーシリーズの新製品『フォード・マスタング GT4(組み立てキット)』を6月27日頃に発売する。

マスタング GT4は、2016年のSEMAショーで初公開されたフォードの市販レーシングカーだ。マスタングの高性能バージョン「シェルビーGT350R-C」をベースに、左右ドアやルーフ、ボンネットなどをカーボンファイバー製に変更して軽量化。レース用にチューニングされ、580馬力を発揮する5.2リットルV8エンジンをフロントに搭載する。2017年3月のレースで初勝利を飾り、その後もアマチュアドライバーの手に委ねられた多くのマシンが、世界のGT4レースで活躍を見せている。

新製品は、マスタング GT4の迫力あふれるパワフルなフォルムを実感たっぷりにモデル化した。ボディはリヤバンパーを一体成形して剛性を確保。ロールケージを張り巡らし、バケットタイプのドライバーズシートのみを残したスパルタンな室内も再現している。

ステアリングコラム上のMotec製モニターは画面をスライドマークで表現したほか、助手席側のエアジャッキ用コンプレッサーやタンク、電装系部品もパーツ化。部品点数を抑えた前後のサスペンションもリアルな仕上がりとなっている。専用品となるリヤのロワコントロールアームも再現。ドアミラー、ルームミラーはメッキ部品。車体裏から見えるエンジン下部とギヤケースは別部品構成で立体感あふれる仕上がりとなっている。

完成サイズは全長203mm×全幅87mm、全高57mm。価格は4400円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産 キックス 新型】2年9カ月ぶりの新型登録車で国内販売低迷からの挽回目指す 画像 【日産 キックス 新型】2年9カ月ぶりの新型登録車で国内販売低迷からの挽回目指す
  • 【メルセデスベンツ GLB 新型】3列7人乗りの新SUV、価格は512万円より 画像 【メルセデスベンツ GLB 新型】3列7人乗りの新SUV、価格は512万円より
  • タミヤ、「ミニ四駆ジャパンカップ2020」公式コース発表 開催は未定 画像 タミヤ、「ミニ四駆ジャパンカップ2020」公式コース発表 開催は未定
  • タミヤ、カルマンギア 電動RCカー発売へ、優雅なRRクーペを再現 画像 タミヤ、カルマンギア 電動RCカー発売へ、優雅なRRクーペを再現

特集

おすすめのニュース