日産自動車の格付けをAに引き下げ 格付投資情報センター

日産グローバル本社(横浜市)
  • 日産グローバル本社(横浜市)
  • 日産セレナ
  • 日産エクストレイル

格付投資情報センターは6月4日、日産自動車の社債の格付けをA+からAに引き下げて、方向性もネガティブにしたと発表した。

日産は過去の拡大戦略の弊害から収益力が停滞しており、構造改革に伴う費用計上により損失が膨らみ、財務基盤にも悪影響が及んだ。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の問題から自動車需要が低迷、当面の収支・財務に強い下押し圧力となる。このため、格付をAに引き下げて、方向性をネガティブとした。

年度後半にコロナ影響が収束に向かい、改革策の進展で収益力が持ち直す兆しがみえれば格付を維持できる可能性はあるとしている。

また、自動車事業は2020年3月末で1兆円規模のネットキャッシュを保有する。連結の自己資本にはなお厚みがあるほか、1兆3000億円のコミットメントラインを確保し、銀行借入やABS(資産担保証券)などで資金調達を実行できていることから販売金融事業を含めて全体の流動性に大きな懸念はないとしている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、役員報酬を減額 業績悪化責任と構造改革の痛み分かち合うため 画像 日産、役員報酬を減額 業績悪化責任と構造改革の痛み分かち合うため
  • 日産、新型コロナウイルス影響に備えて手元資金を確保 画像 日産、新型コロナウイルス影響に備えて手元資金を確保
  • 5月の新車販売ランク、コロナで異変…トヨタ アルファード 急浮上のなぜ?[新聞ウォッチ] 画像 5月の新車販売ランク、コロナで異変…トヨタ アルファード 急浮上のなぜ?[新聞ウォッチ]
  • 上場企業の売上高5兆円超が消失…新型コロナウイルス問題 帝国データバンク 画像 上場企業の売上高5兆円超が消失…新型コロナウイルス問題 帝国データバンク

特集

おすすめのニュース