小型二輪車新車販売、コロナ禍影響でヤマハとスズキは半減 5月実績

全国軽自動車協会連合会は、2020年5月の小型二輪車(251cc以上)新車販売台数を発表。前年同月比27.2%減の4198台で2か月連続のマイナスとなった。

前月は同6.1%減にとどまったが、5月に入り減少幅は拡大。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響が現れた形だ。

メーカー別では、カワサキが同22.2%減の1065台で、3か月連続マイナスながら2か月連続のトップ。2位ホンダは同11.2%減の881台で2か月連続のマイナスだった。

3位ヤマハは同51.7%減の539台で8か月連続のマイナスだった。4位スズキは同50.1%減の266台で5か月連続のマイナス。輸入車などのその他は同17.5%減の1447台で3か月ぶりのマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース