セレンス、アメリカ英語対応の車載音声アシスタントを発表

セレンス(イメージ)
  • セレンス(イメージ)

セレンスは、アメリカ英語対応のターンキー型車載音声アシスタント「Cerence ARK Assistant」を発表した。

新製品は、2019年12月に中国市場向けに発売した、カスタマイズなしで導入できるセレンス初のオフ・ザ・シェルフ製品をベースに、アメリカ英語対応へ機能を拡張させたものだ。

設定不要な音声アシスタントは、世界最高レベルの音声認識と自然言語理解技術を提供する。また、自然で人間が話しているような音声合成により、ドライバーや同乗者にインタラクティブな車内体験を提供。カーナビゲーション、音楽、目的地検索などのドメインやスキル、コンテンツサービスを音声でサポートし、快適なパーソナルアシスタント体験を実現する。

Cerence ARK Assistantは、セレンスが誇る性能、柔軟性、幅広い機能を保持しながら、車載音声アシスタントの迅速な開発、導入、管理を自動車メーカーに提供する。車載ソフトウェアとクラウドサービスを組み合わせたターンキー型の製品とすることで、音声アシスタントの開発期間短縮に貢献。主要車種にすぐ利用できるアシスタントとして市場の特別なニーズに応え、市場投入までの時間を50%以上短縮する。

セレンスでは、中国語およびアメリカ英語に加えて、他の言語でもCerence ARK Assistantの提供を進めていく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース