VWグループ、電動化を加速…バッテリー合弁工場に追加投資

VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー
  • VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー
  • VWグループの次世代EV「I.D.」ファミリー
  • VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は5月8日、ドイツに建設する電動車向けのリチウムイオンバッテリー合弁工場に追加投資を行うと発表した。

フォルクスワーゲングループは、スウェーデンのバッテリーメーカーのノースボルト(Northvolt)との間で、ドイツ・ザルツギッターに大規模なバッテリーセル合弁工場を建設する計画だ。折半出資の合弁工場となり、生産開始は2023年末から2024年初頭を予定しており、稼働当初の年間生産能力は16GWhになる。

フォルクスワーゲングループは、このリチウムイオンバッテリー合弁工場に追加投資を行う。この投資は、ザルツギッター新工場での相乗効果を高め、電動化を加速させるのが狙い。フォルクスワーゲングループは、約4億5000万ユーロを追加投資し、工場の建物やインフラストラクチャーを建設する。

建設工事は、2020年内に開始される予定。フォルクスワーゲングループは、その電動化戦略の一環として、バッテリーセル生産の分野における技術的ノウハウを蓄積している。さらに、グループは複数のバッテリーメーカーと戦略的関係を維持して、全世界でバッテリー供給を行える体制を構築している。

フォルクスワーゲングループコンポーネントのトーマス・シュマルCEOは、「ザルツギッターでのバッテリー製造は、e-モビリティへの変革にとって重要なステップ。バッテリーセルの開発をさらに前進させ、新しい業界標準バッテリーを開発する」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース