首都圏のコンビニで産直青果を販売…農家とバス会社を支援するローソンの試み

ローソンでマルシェ
  • ローソンでマルシェ
  • 旅行気分を味わえる?
  • ローソンで産直青果を販売。
  • 商品イメージ(おまかせ野菜ボックス一例)
  • 商品イメージ
  • 道の駅ましこ

コンビニエンスストアを運営するローソンは、緊急事態宣言で外出自粛が進む中、ゴールデンウィーク期間中の休業が決まった「道の駅ましこ」(栃木県益子町)で販売する予定だった青果物を、5月4~7日の4日間、横浜市内および川崎市内のローソン5店舗で販売している。

ゴールデンウィーク期間中の販売に向け作付していた青果物を販売することで、農家の支援につなげる。また利用者が減少している高速路線バスを活用することで、バス運営会社の支援にもつなげる。

今回販売している商品は、益子町産のとちおとめやロメインレタスなどの青果物、約10種類だ。益子町から都心へ運行する高速バスで、収穫した野菜を新鮮なうちに店舗に届けることができる。

今回の取り組みは、アップクオリティの運用する、都内へ向かう高速バスで産地品を運ぶ貨客混載「バスあいのり」のスキームを活用した。アップクオリティ社が産地から買付けした野菜や魚や肉などを、産地近隣を発車する高速バスの空きトランクに載せ、旅客と一緒に都心まで運搬する仕組み。全国49地域、高速バス55路線で運営中または準備中。

ローソンでは、今回に取り組みにおける消費者の反応や販売実績を検証し、「道の駅」の商品を店舗へ届ける仕組みの拡大を検討していくという。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース