洗車機メーカーが除菌システムを開発…衣類や靴を身に着けたまま 新型コロナ対策

洗車機メーカーが除菌システムを開発…衣類や靴を身に着けたまま 新型コロナ対策
  • 洗車機メーカーが除菌システムを開発…衣類や靴を身に着けたまま 新型コロナ対策
  • 洗車機メーカーが除菌システムを開発…衣類や靴を身に着けたまま 新型コロナ対策
  • 洗車機メーカーが除菌システムを開発…衣類や靴を身に着けたまま 新型コロナ対策

日本車輌洗滌機は、新型コロナウイルス対策として、衣類や靴を身に着けたまま、付着したウィルス・細菌を除去する「ウオッシュミスト」を開発した。

日本車輌洗滌機は1947年、日本で最初に洗車機を設計・開発。現在、国内外の大手鉄道・バス・運送会社へ車両・部品洗浄設備の開発・納入しており、洗浄設備では世界のトップメーカーの一つだ。

ウオッシュミストでは、装置内を歩行することで、衣類や靴に付着したウィルス・細菌を除去する。装置内に配置された数か所のノズルからミスト状の薬剤を噴霧し、衣類を除菌。また、装置内に敷かれたマットの上を歩行することで、靴底の除菌も同時に行う。無人運転が可能で、歩行者が装置内を通過する毎に自動でスタートをし、通過後、自動でストップする。

また装置の周囲は覆うことで、薬剤等の飛散を防止。噴霧された薬剤も床下の1か所に集水されるため、周囲に流れ出すことはない。薬剤は装置通過後、衣類が不快にならないよう、適切な噴霧量をコントロールをしながらも、衣類・靴の約95%以上の面積に噴霧できる。

同社では、公共施設・公共交通機関から入退場・乗降する際にウオッシュミストを活用することで、衣類・靴等を除菌。新型コロナウィルス感染拡大防止に役立てたいとしている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース