トヨタが新型コロナ感染患者の移送車両を提供…JPN TAXI ベースに制作

飛沫循環抑制車両
  • 飛沫循環抑制車両
  • JPN TAXI

トヨタ自動車は4月21日、新型コロナウイルスに感染して軽症者の移送用車両1台を、千葉県に提供したと発表した。

提供した車両は千葉県からの協力要請に対応してトヨタの『JPN TAXI』(ジャパンタクシー)をベースに、運転席・助手席のある車両前方スペースと、後部座席以降の車両後方スペースの間に隔壁を設置し、前方を陽圧、後方を陰圧とすることによって、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした「飛沫循環抑制車両」。トヨタ自動車東日本東富士研究所が開発・架装した。

すでに、東京都内の病院などにも同様の対策を施した車両5台を提供、軽症患者の移送に活用されている。

トヨタでは医療現場のニーズを聞き取って、ドライバーへの感染を防止して軽症患者を安全に運べる車両を提供することで、病院の病床を確保して医療崩壊防止に貢献していく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、新型コロナ感染者搬送車両の提供開始…フェイスシールドも生産へ 画像 ホンダ、新型コロナ感染者搬送車両の提供開始…フェイスシールドも生産へ
  • トヨタ、国内生産拠点を一時停止へ 新型コロナウイルス問題で海外新車需要低迷 画像 トヨタ、国内生産拠点を一時停止へ 新型コロナウイルス問題で海外新車需要低迷
  • VWとトヨタ、欧州での生産を一部再開へ…従業員の安全と健康を最優先に 画像 VWとトヨタ、欧州での生産を一部再開へ…従業員の安全と健康を最優先に
  • トヨタ、3Dプリンターでフェイスシールド生産へ…医療現場を全面支援 画像 トヨタ、3Dプリンターでフェイスシールド生産へ…医療現場を全面支援

特集

おすすめのニュース