シトロエン C5エアクロスSUV にガソリン、より安価に「魔法の絨毯」を体感 価格は409万円

プジョー・シトロエン・ジャポンは、クロスオーバーSUV、シトロエン『C5エアクロスSUV』にガソリンエンジンモデルを追加し、5月28日より発売する。

C5エアクロスSUVは、サスペンションシステムに新開発「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)」を、シートにはたっぷりふっかりの「アドバンスドコンフォートシート」を搭載。「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求し、SUVにおいてコンフォート性能という新たな価値をマーケットに提供したモデルだ。

昨年5月にまずは2.0リットルクリーンディーゼルモデルを日本市場に導入。今回、よりリーズナブルにコンフォート性能を体感できるガソリンモデルを追加する。

1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最高出力180ps/最大トルク250Nmを発生。ツインスクロールターボによって低回転域からのハイレスポンスと高いパフォーマンスを発揮し、ガソリンエンジンならではの静粛性とよりシャープなエンジンフィーリングを楽しむことができる。

また、純正装着タイヤはローンチ時の235/55 ZR18のオールシーズンタイヤから225/55 ZR18のサマータイヤへと変更(現行ディーゼル仕様含む)。一般路での快適性、静粛性、燃費性能が向上している。

価格はディーゼルモデルより22万9000円安い409万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース