JR四国に新しい「アンパンマン列車」…赤と黄色、2700系気動車を改装 今夏デビューへ

JR四国は3月30日、今夏にも新たな「アンパンマン列車」を岡山~高知間で運行すると発表した。

2000系特急型気動車を改装した現在の「アンパンマン列車」は2000年から導入されたもので、現在はグリーンをベースにした車体の3両編成1本と、オレンジをベースにした4両編成1本が岡山~高知・中村・宿毛間の特急『南風』で運用されている。

新たな「アンパンマン列車」は、同列車の誕生20周年を記念して、2000系のものを置き換えるために登場。2019年8月に登場した制御付き振子式の2700系特急型気動車4両編成2本を改装し、「土讃線あかいアンパンマン列車」「土讃線きいろいアンパンマン列車」とする。

運行開始日や時刻などの詳細は後日発表されるが、本格運用の前に一般を対象とした展示会を計画しているという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース