メルセデスベンツ博物館、バーチャル見学できるデジタルプログラムを開始

メルセデスベンツ博物館をバーチャル見学できるデジタルプログラム
  • メルセデスベンツ博物館をバーチャル見学できるデジタルプログラム
  • メルセデスベンツ博物館をバーチャル見学できるデジタルプログラム
  • メルセデスベンツ博物館をバーチャル見学できるデジタルプログラム

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、ドイツのメルセデスベンツ博物館をバーチャル見学できるデジタルプログラムを開始した、と発表した。

メルセデスベンツ博物館は、ドイツ・シュトゥットガルトにある自動車博物館だ。160台の車両と、合計1500の展示物が収蔵されている。メルセデスベンツ博物館には、毎年世界中から80万人以上が訪れる。しかし、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で一時的に休館していることから、デジタル公開を開始した。

メルセデスベンツ博物館をバーチャル見学できるデジタルプログラムでは、広さ1万6500平方mの館内を網羅している。博物館のウェブサイトでは、数回クリックするだけで、メルセデスベンツの名車などがバーチャル見学できる。ウェブサイトでは、7つのすべてのレジェンドと5つのコレクションルームの情報と車両を含む360度映像を公開している。

もっと時間を過ごしたい人のために、メルセデスベンツ博物館を夜に見学するバーチャルツアーも用意されている。この映像は、「ミュージアムの夜」というイベントにおいて、ブロガーとインフルエンサーがひと晩博物館内に滞在することを許可された時、撮影されたという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース