東京オリンピック、来年7月23日開幕決定[新聞ウォッチ]

成田空港(3月26日)
  • 成田空港(3月26日)
  • 東京・銀座(3月28日)
  • 東京都内(3月28日)
  • トヨタのポーランド工場
  • デトロイトモーターショー

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響から、今年の開催が延期となった東京オリンピック・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)は、新たな開催日程を2021年7月23日~8月8日、パラリンピックも8月24日~9月5日とすることで決定したという。

当初は暑さや台風などを避けるために春先の開催も選択肢として取り沙汰されていたようだが、新型コロナウイルスの収束時期を考慮して出来るだけ遅らせることで合意したとみられる。また、小池知事は記者会見で「日程を1年後にずらせばこれまで準備してきたことがスムーズに進められる」とも強調していた。

一方、イベントの延期といえば、米国のデトロイトで今年6月に開催予定だった北米最大の自動車展示会「北米国際自動車ショー」(デトロイトモーターショー)の中止も決まったという。新型コロナウイルスの感染拡大に加え、会場となる展示場を仮設病院として使用する計画があり、今年の開催を断念するそうだ。デトロイトモーターショー

デトロイトショーはこれまで年明け早々の1月開催だったが、同じ時期にラスベガスで開くデジタル技術見本市「CES」との競合を避けるため、今年から6月開催に移行したばかりだった。報道によれは、「次回は2021年6月に開催する」との見通しだが、それもワクチン開発や有効な治療薬の実用化次第で終息しているのかどうかとなるだろう。

新型コロナ肺炎で亡くなったユニークなギャグやコントでお茶の間を沸かせたコメディアンの志村けんさんの言葉を借りれば、東京五輪もデトロイトショーも、1年後ならば世界中から「全員集合」で「だいじょうぶだぁ~」なのか、老婆心ながら気をもむ。

2020年3月31日付

●東京五輪来年7月23日、パラ8月24日開幕、IOC日程承認(読売・1面)

●車産業の長期構想策定、政府方針、「スマートシティ」議論(読売・9面))

●日本車世界生産16%減、2月工場停止で中国9割減(読売・9面)

●トヨタ欧州工場すべて一時停止へ(毎日・9面)トヨタのポーランド工場

●主張、トヨタNTT提携、世界標準の確立を目指せ(産経・2面)

●「空飛ぶタクシー」検討、全日空、大阪万博で定期運航(産経・12面)

●夜の酒場入店自粛要請「若者はカラオケ、中高年はバー」(東京・1面)

東京都内(3月28日)●首都圏鉄道利用7割減、28・29日、外出自粛で(日経・1面)

●世界車販売今年12%減に、英社予想、コロナで8000万台割れ(日経・17面)

●気さくな「殿」突然の別れ、志村けんさん死去「身近だった」悲劇(日経・43面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

  • 【デトロイトモーターショー 2020】新型コロナウイルスの影響で開催中止、会場は臨時の病院に 画像 【デトロイトモーターショー 2020】新型コロナウイルスの影響で開催中止、会場は臨時の病院に
  • ホンダ 狭山工場と熊本製作所の稼働を一時停止 社員1人に新型コロナウイルスの感染を確認 画像 ホンダ 狭山工場と熊本製作所の稼働を一時停止 社員1人に新型コロナウイルスの感染を確認
  • 北米トヨタがフェイスシールドや人工呼吸器を生産、メルセデスベンツは3Dプリンター利用…新型コロナウイルス 画像 北米トヨタがフェイスシールドや人工呼吸器を生産、メルセデスベンツは3Dプリンター利用…新型コロナウイルス
  • 政府、2020年度もスマートシティ関連事業を支援…自動運転モビリティサービスなど 画像 政府、2020年度もスマートシティ関連事業を支援…自動運転モビリティサービスなど

特集

おすすめのニュース