米国ビッグ3、北米生産を3月末まで一時停止…新型コロナウイルス

GMの米国本社
  • GMの米国本社
  • フォードモーターの米国本社
  • FCAの米国本社

GM、フォードモーター、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は3月18日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けて、北米の工場を一時的に休止すると発表した、と発表した。

GM、フォードモーター、FCAの米国ビッグ3は、UAW(全米自動車労組)と協力して、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に取り組んできた。そして今回、従業員の健康と安全に配慮し、北米の工場を一時的に休止することを決定した。

GMは、北米の工場を3月30日まで休止する。この間、各工場では、消毒作業などが行われる。工場の再開については、状況を注視しながら、検討していく。

フォードモーターは、米国、カナダ、メキシコの各工場での生産を、3月30日まで停止する。新型コロナウイルスの感染の状況、米国当局の発表、サプライヤーの問題、ディーラーの在庫などを注視しながら、生産再開時期を決定する。

FCAは3月31日まで、北米の工場で生産を一時停止する。 生産が一時停止されている間、FCAは、GM、フォードモーター、UAWと立ち上げた特別チームを通じて、新型コロナウイルス対策措置を講じる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース