東海道新幹線、3月19-31日に減便…東京-新大阪間の『のぞみ』が対象 新型コロナウイルスの影響

3月19~31日に減便が行なわれる東京~新大阪間の『のぞみ』。ただし3月21日のみは運休が発生しない。
  • 3月19~31日に減便が行なわれる東京~新大阪間の『のぞみ』。ただし3月21日のみは運休が発生しない。
  • 東京駅

JR東海は、新型コロナウイルスの感染拡大による利用状況を考慮して、3月19日から東海道新幹線で減便を実施する。

3月31日まで実施される予定で、期間中は東京~新大阪間の『のぞみ』が延べ192本運休する。

このうち3月27日は最大の27本が運休し、3月21日は運休が発生しない。『ひかり』『こだま』は通常どおりの運行となる。

JR東海では「4月1日以降についても、今後の社会情勢やご利用状況等により、現在の輸送計画を変更し、 一部の列車を運休する可能性があります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース