芸備線東城~備後八幡間の再開は5月初旬の見込み…北海道では釧網本線や花咲線で運行見合せ中

JR西日本は3月17日、運行を見合わせている芸備線東城(とうじょう)~備後八幡(びんごやわた)間の復旧を4月末に見込んでいることを明らかにした。

同区間では、3月9日に新見発の下り始発列車が斜面から流入した土砂に乗り上げ、約15m離れた成羽(なりわ)川方向に脱線・横転した。

現在、車両の撤去作業中で、その後に斜面の復旧作業が行なわれるため、列車の運行再開は5月初旬を見込んでいる。それまでは東城~備後落合間でジャンボタクシーなどによる代行輸送が終日実施される。

一方、JR北海道では、低気圧接近や気温上昇の影響により、3月11日に釧網本線や根室本線釧路~根室間(花咲線)で線路冠水や土砂流入、路盤流出などが確認されており、釧網本線は東釧路~知床斜里間で、花咲線は全線で運行を見合わせている。

こちらは3月12日時点で運行見合せが少なくとも1週間程度続くとされており、現時点でも再開日が明らかにされていない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース