三菱電機、MEMS式車載LiDARを開発…水平視野角120°で先行車両や歩行者を検知

開発したMEMS式車載LiDAR
  • 開発したMEMS式車載LiDAR
  • 開発したLiDARにより取得した3次元画像

三菱電機は3月12日、小型で広い水平視野角を持ち、先行車両や歩行者などを高精度に検知する「MEMS式車載LiDAR」を開発したと発表した。

MEMS式車載LiDARは、車載搭載向けに水平・垂直の2軸で走査する電磁駆動式MEMS(微小電気機械システム)ミラーを搭載。同社独自のミラー構造採用により面ひずみを抑制し、業界最大級(7mm×5mm)の軽量ミラーでの広い振れ角(水平:±15°、垂直:±3.4°)を実現する。この2軸電磁駆動式MEMSミラーと、複数のレーザー光源の高密度実装と最適配置により、広い水平視野角(120°)を実現。先行車両や歩行者などの高精細な3次元画像を広範囲に取得することができる。

また、信号処理回路基板と光学系部品の最適配置により、LiDAR本体を900cc(108mm×105mm×96mm)に小型化した。

三菱電機は今後、さらなる小型化や垂直視野角の拡大を進め、2025年以降の実用化を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース