東名高速のSA・PAで紙ストローを試行導入 NEXCO中日本

試行導入状況
  • 試行導入状況

NEXCO中日本は、プラスチックごみ削減のため、神奈川県内のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)にて「紙ストロー」を3月から試行導入すると発表した。

今回の試行導入は、神奈川県がSDGs(持続可能な開発目標)として取り組む「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同して行うもの。SA・PAのテナントの協力を得て、3月から1か月程度、プラスチックストローの代わりに紙ストローを試行導入し、使い勝手などの確認のうえ、今後のSDGsの取組みに向けて活用する。

試行導入箇所は、東名高速 海老名SA(上り・下り線)、小田原厚木道路 平塚PA(下り線)、大磯PA(上り線)、 小田原PA(下り線)の一部商業施設。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース