アウディ A3スポーツバック 新型の生産を開始、5月から欧州で納車

ドイツ・インゴルシュタット工場で生産が開始されたアウディA3スポーツバック新型
  • ドイツ・インゴルシュタット工場で生産が開始されたアウディA3スポーツバック新型
  • ドイツ・インゴルシュタット工場で生産が開始されたアウディA3スポーツバック新型
  • ドイツ・インゴルシュタット工場で生産が開始されたアウディA3スポーツバック新型
  • ドイツ・インゴルシュタット工場で生産が開始されたアウディA3スポーツバック新型
  • ドイツ・インゴルシュタット工場で生産が開始されたアウディA3スポーツバック新型
  • アウディA3スポーツバック新型
  • アウディA3スポーツバック新型
  • アウディA3スポーツバック新型

アウディは、新型『A3スポーツバック』(Audi A3 Sportback)の生産をドイツ・インゴルシュタット工場で開始した。5月から納車を欧州で開始する予定だ。

4世代目となる新型は、コンパクトなボディサイズに、広い室内を追求する。ボディサイズは、全長4340mm、全幅1820mm、全高1430mm、ホイールベース2640mm。従来型と比較すると、全長と全幅は、それぞれ約30mm拡大した。全高とホイールベースは変わっていない。

フロントには、ワイドなシングルフレームグリルと大型エアインテークを装着し、ダイナミックなデザインを追求した。新しいライトシグネチャも導入された。インテリアは、デジタル操作コンセプトを、さらに進化させている。

アウディは、この新型A3スポーツバックの生産をドイツ・インゴルシュタット工場で開始した。1996年の初代発売以来、アウディは全世界で500万台以上の『A3』ファミリーモデルを販売してきた。サクセスストーリーはこれから続く、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース