ZF、小型商用車向けシャシー部品の供給を拡大…欧州メーカーに適合

ZFの小型商用車向けシャシー部品
  • ZFの小型商用車向けシャシー部品
  • ZFの小型商用車向けシャシー部品

ZFは3月3日、複数の欧州自動車メーカーの小型商用車(LCV)に適合するシャシー部品の供給を拡大すると発表した。

LCVとは、車両総重量が3.5トン以下の商用車を指す。負荷のかかる状態で使用されることが多い小型商用車は、シャシー部品にかなりのストレスがかかるという。欧州市場におけるLCVの平均寿命は10.9年だ。LCVセグメントは修理工場に重要なサービスと修理の機会を提供する。

ZFのアフターマーケット部門は、複数の欧州自動車メーカーの小型商用車に適合するシャシー部品を供給し、修理工場を支援している。3320万台のLCVが欧州市場全体で登録されている。 620万台以上の車両を数えるフランスが最も多く、スペインの460万台、英国の440万台、イタリアの420万台が、これに続く。

ZFは、複数の欧州自動車メーカーの小型商用車に適合するシャシー部品の供給を拡大する。具体的には、シトロエン『ジャンピー』、プジョー『エクスパート』、トヨタ『プロエース』用のインナータイロッド、タイロッド、タイロッドエンド、フォルクスワーゲン『T5』、『T6』、『クラフター』用のリアアクスルマウントとスタビライザーマウント、クラフター用のフロントアクスルマウントとコントロールアーム、ルノー『カングー』とメルセデス『シタン』のフロントアクスルコントロールアームとステアリングナックル、フォード『トランジット』、『トルネオカスタム』用のアクスルブートとステアリングシステムなどを、新たに供給する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース