羽越本線の新観光列車『海里』が、えちごトキめき鉄道へ 4月に新潟-高田間で運行

JR東日本新潟支社は2月28日、羽越本線で運行している新型観光列車『海里(KAIRI)』を4月、えちごトキめき鉄道を含む新潟~高田間で運行すると発表した。

これは新潟県上越市の高田城址公園で開催される観桜会に合わせて『桜海里』として運行されるもの。運行日は4月8・15日で、時刻は新潟11時54分発~高田14時16分着・19時8分発~新潟21時50分着。

『海里』はディーゼルハイブリッド車両「HB-E300系」による4両編成で、「新潟の食」「庄内の食」「日本海の景観」をコンセプトに2019年10月5日から運行を開始した。

通常は羽越本線新潟~酒田間で運行されており、今回の運行では1・2号車を一般発売。4号車を旅行商品として発売する(3号車はイベントスペース)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース