前方と車内を高画質録画、セルスターがワンボディ型2カメラドラレコ発売へ

セルスター CS-61FH
  • セルスター CS-61FH
  • セルスター CS-61FH
  • セルスター CS-61FH

セルスター工業は、前方と車内を同時に高画質録画できる、フルHD 200万画素ドライブレコーダー「CS-61FH」を3月より発売する。

新製品は、CMOSイメージセンサにソニー製の監視カメラ用「STARVIS IMX307」を前方および車内カメラに採用。ナイトクリアVer.2により、夜間・トンネルなど少ない光量でも綺麗な映像を記録できる。また車内カメラには赤外線LEDを搭載。昼夜を問わず車内をクリアに高画質録画でき、レンズは上下左右に自由に設定、好きなアングルで録画できる。

録画モードは、「常時録画モード」、衝撃発生の前後を記録する「イベント録画モード」、手動で録画する「クイック録画機能」の3つを用意。別売のGPSユニットや常時電源コードを接続すれば、安全運転支援機能や駐車中の車上荒らしやイタズラを監視・記録できるパーキングモードにも対応する。

CS-61FHは、国内自社工場一貫生産による日本製で、3年保証が付帯。本体サイズは幅97×奥行34×高さ51mm(突起部含まず)で1.44インチ液晶搭載。価格はオープン。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース