日野プロフィア、アウトサイドグリップ破損で転倒 改善対策へ

日野 プロフィア(2007年)
  • 日野 プロフィア(2007年)
  • 改善箇所

日野自動車は、『プロフィア』のアウトサイドグリップに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2003年11月5日~2011年8月31日に製造された1万3671台。

対象車両は、キャブ左右側面に取り付けられているアウトサイドグリップの材質が不適切なため、使用過程でグリップのコーナー部に亀裂が入るものがある。そのため、荷台へ移動しようとグリップに手をかけた際にグリップが破損し、転倒するおそれがある。

改善措置として、グリップを対策品と交換する。なお、交換するまでの間、部品の準備に時間を要することから、交換までの間アウトサイドグリップを使用しないよう注意喚起をする。

不具合は2件発生、人身事故が1件起きている。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース