アルパインスタイル関西地区新店舗発表、注目のコンセプトカーも展示…大阪オートメッセ2020

ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020
  • ALPINE STYLE関西地区新店舗発表。注目のコンセプトカーも展示。大阪オートメッセ2020

ビッグXで大画面ナビのスタンダードを作り上げてきたアルパイン。大阪オートメッセ2020ではオリジナルプロデュースしたカスタマイズカーを6車種発表。さらに取り扱いディーラであるALPINE STYLEの関西での拠点も発表するなど意欲的なブース展示を実施した。

ALPINE STYLEの新店舗が
大阪に今夏オープン予定

大阪オートメッセにブースを出すアルパイン。開催初日となった2月14日の11:00からプレスカンファレンスが実施され、ALPINE STYLE特別仕様車の発表やALPINE STYLEの新たな店舗の出店が公開された。

中でも注目したのはALPINE STYLEの新店舗の発表だった。アルパインが近年力を入れているカスタマイズカーを扱うカーディオラーであるALPINE STYLEは、すでに福岡R3(福岡県東区)、横浜246(東京都町田市)に出店し、独自のカスタマイズカーの販売や、アルパイン製品の販売・取り付けを実施している。

そんなALPINE STYLEの3か所目の拠点として出店が決定したのが「ALPINE STYLE大阪171(大阪府茨木市)だ。関西エリアの新たな拠点として注目の同店は2020年の夏頃にオープンを予定している。すでに営業中のALPINE STYLEの店舗と同じく、アルパインがプロデュースするオリジナルのカスタマイズカーの販売をはじめ、アルパイン製品の販売・取り付けを実施するディーラーとなる。エアロやホイール、インテリアパーツ、ナビやオーディオ機器などを組み込んだカスタマイズカーは他では手に入らないスペシャルモデル。パーツ込みの価格設定もあってお得感も高いのも魅力。

またメーカー直営のディーラーは商品の品揃えなども豊富で、同社が得意とするカーナビ、オーディオ機器などを取り付けるには絶好の環境だ。個性的なカスタムを実施したいと考えているなら訪れておきたいショップだ。

オリジナリティ溢れる
特別限定仕様車を6車種用意

もうひとつの目玉となったのはALPINE STYLE特別仕様限定車の発表だ。1月に行われた東京オートサロン2020でも特別限定仕様車が登場し、すぐに完売した人気の仕様を大阪オートメッセでも投入してきた。ALPINE STYLE Limited Editionと呼ばれるカスタマイズカーとしてアルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア、CX-8、CX-5の6車種をラインアップ。

アルファード/ヴェルファイアは10台限定とされ、フロントリップ、サイドフラップスポイラー、リアサイドスポイラーなどのエアロパーツ類、さらには20インチアルミホイールなどの外装パーツに加え、LEDアンビエントライト、シートカバーやフロアマットなどのオリジナル仕様が施される。展示車にはオプション設定されるビッグXも搭載されるなど、充実の内外装を備えたカスタマイズカーとなった。

他のモデルにもエアロやホイール、シートカバーなどの内外装の特別仕様が施され、オリジナリティ溢れるカスタマイズカーが手に入る。クオリティの高さに加えてパッケージ価格によるお得感も感じられる仕様なので気になるユーザーはALPINE STYLEの各店舗に問い合わせてみると良いだろう。

ディスプレイオーディオ対策も進み
ビッグX取り付けのプロトをお披露目

さらに、展示車の中で注目を集めていたのは現行アルファードのディスプレイオーディオ装着車に、アルパインのビッグXを装着したクルマ(参考出品)。これまでディスプレイオーディオ装着車にはアフターのナビの取り付けは難しいとされていたが、エラー回避の手法を施してビッグXの取り付けを可能にした。あくまでも参考出品だが、大画面ナビの取り付けには注目の手法となりそうだ。

またブース中央にはオートサロンでも登場したコンセプトカーである「Premium Limousine Brushed Black Concept」を展示。エアロ形状のフルバンパーやボディラッピングを施した外装や後席に24インチの大型モニターを備える内装カスタムなどが施され、自動運転時代を見据えたエンタメ性能を満載したクルマとなった。同コンセプトカーと前出の参考出品車(アルファード)は今後、ALPINE STYLEの各店舗で随時展示予定だという。

最新型のビッグXも見て触れられる展示を実施。大画面ナビの使い勝手をブースで体験できる展示となった。

ナビやオーディオ機器に加えて、カスタマイズカーを前面に押し出したアルパインブース。ALPINE STYLEの新たな店舗展開なども含めて注目の大阪オートメッセへの出展となった。

《土田康弘》

編集部おすすめのニュース

  • 真っ赤な『GRヤリス』特別仕様を初公開…大阪オートメッセ2020[詳細画像] 画像 真っ赤な『GRヤリス』特別仕様を初公開…大阪オートメッセ2020[詳細画像]
  • BEWITHのサウンドをデモカーで体感、初公開のプロトタイプ機も登場…大阪オートメッセ2020 画像 BEWITHのサウンドをデモカーで体感、初公開のプロトタイプ機も登場…大阪オートメッセ2020
  • 「関西最大級のモーターショー」大阪オートメッセ2020が開幕!注目車種イッキ見[フォトレポート] 画像 「関西最大級のモーターショー」大阪オートメッセ2020が開幕!注目車種イッキ見[フォトレポート]
  • 巨大貨物飛行機、ドリームリフターの機内を公開…MINIなら80台? 画像 巨大貨物飛行機、ドリームリフターの機内を公開…MINIなら80台?

特集

おすすめのニュース